P.S.

布絵本、思い出のおもちゃ

先日のこと。

 

お店でお客様が、3歳の息子さんの為にフェルトで『おさかなつなぎ』を手づくりしたら、

とっても集中して遊んでくれるので、同じ様に指先を使い、集中力を養うような「ヒモ通しを買いにきました〜」と嬉しそうに話してくれました。

 

『おさかなつなぎ』とは、目をボタンにして尾びれに切り込みを入れて、目のボタンと繋げて魚の行列をつくるボタンの練習おもちゃです(^^)

 

そういえば前に私もフェルトで汽車を作り、、、

連結部分をボタンで止めていくものを作った記憶が蘇りました!

 

長女と長男がよーく遊んで、ボロボロになり…。今では影も形もありませんが、
そのお客様がとても嬉しそうに話すので、私も昔の記憶が「ハッ」と蘇ってきました!

 

フェルトと言えば、我が家にはもう一つ大切なおもちゃがあります!!

 

image2

 

 

 

布絵本です。

 

 

その昔、絵本の読み聞かせを行っている『麦の穂』の山川 裕美子先生を講師に迎え、那覇の児童館で手作りしたものです。

 

長女が、1歳半頃の「今」を絵本にしたもので、主人公は「すべり台にハマっていた長女」♫

 

初めての布絵本作りに苦戦しながら「今」を見逃さないように必死に作りました。

 

 

image3

image4

image5

 

 

またその年のクリスマスのプレゼントにも、

布絵本で『どうぶつパズル』を作り、プレゼントしました。

 

 

image1

image2 のコピー

 

 

その時は、成長と共に布絵本を何冊も作ろう!!と意気込んでいましたが、この2冊でストップしてしまい・・・久しぶりに出したら、末娘が楽しそうに遊んでくれています。

 

image1 のコピー

 

 

子育てには、「今しかできないこと」が沢山。
写真やビデオの記録ももちろん必要ですが、

布絵本での記録、手作りおもちゃでの記録もとっても素敵で、作った時の子どもの記憶がさらに鮮明に蘇ります。

 

 

image3 のコピー

 

きっと作ったことのあるかた、いらっしゃいますよね〜?

 

No.2で止まってしまっている、布絵本記録、

また復活させて見ようかな・・・!

 

 

 

 

Post by ちゃんむー

2016/04/15 | P.S.

Related Post